ホワットイットドゥ・アーカイヴ・グループという、舌を噛みそうな名前の音楽集団。何者かと思ってアルバムを手に取ってみたら、どうやら、70年代にイタリア映画の音楽を手掛けたバンドらしい。

映画のフィルムは公開前に消失してしまったので、ストーリーを窺い知ることは叶わないが、残されたサウンド・トラックには、ノーマン・ホイットフィールドが作りそうな荒々しいファンクから、カーティス・メイフィールドの『superfly』を彷彿させる乾いた音色のソウル、アイザック・ヘイズが作りそうな甘いメロディのバラードなど、70年代前半に流行したブラックスプロイテーション・ムービーのサウンド・トラックを俯瞰したような、個性豊かなインストゥルメンタル作品がが収められている。

また、これらの音楽を手掛けるホワットイットドゥ・アーカイヴ・グループは、イタリアの無名のバンドだというから驚きだ。彼らはスタジオ・ミュージシャンのような職人集団だったのか、自身の演奏を主張することよりも楽曲の持ち味を引き出すことに重きを置いている。映画の各場面を盛り上げるための音楽という、サウンドトラックの本来の目的に忠実な演奏をすることで、作品全体の統一感と楽曲の個性、多彩なアレンジの両立という、難しい課題を高いレベルで両立しているのは面白い。

こんな音楽が流れる映画はどんなものだったのか、想像を掻き立てる充実の内容だ。

Track List

1. The Black Stone Affair (Main Theme)
2. Blood Chief
3. Ethiopian Airlines
4. Il Furto di Africo
5. Italian Love Triangle
6. Last Train To Budapest
7. L'Amour Au Centre De La Terre
8. The Black Stone Affair (Reprise)
9. Farewell Lola
10. Beaumont's Lament
11. The Return of Beaumont Jenkins feat. Alessandro Alessandroni Jr.
The Black Stone Affair
Whatitdo Archive Group
Record Kicks
2021-04-23