レディオヘッドを彷彿させる幻想的なサウンドで、インディ発ながら多くの好事家を引きつけてきた韓国の2人組バンドMOT。

グループが2012年に活動を休止したあとも、ヴォーカルeAeon(イ・イオン)は個人として活動を続け、2018年にはBTSのRMのソロ・アルバム『mono.』に収録された"badbye"でコラボレーション。「韓国のジェイムス・ブレイク」と例えられる神秘的な演奏で、世界屈指のスターの作品に強いインパクトを残した。

約10年ぶりとなる新作の目玉は、"badbye"での客演のお礼とばかりに、RMが参加した"Don't"だ。シンセサイザーとギターやベースを組み合わせた重厚な伴奏をバックに、感情を吐き出すイ・イオンと、優しく語りかけるRMのラップの対比が光る。"badbye"が好きな人は是非聴いてほしい佳曲だ。

それ以外の曲も、ピアノを使った弾き語りにシンセサイザーで彩りを添えた"Bye Bye"や、電子楽器の音色の上で言葉を紡ぐ"Maybe"、コンピュータが作り出す幻想的な音をバックに朗々と歌う"Btfl Mind"など、新しい機材を使って、イ・イオンが生み出す繊細なメロディとみずみずしいヴォーカルを盛り上げる曲が多い。

欧州で盛んなフォークとエレクトロニカ、ソウルとエレクトロニカを融合させるスタイルを、韓国のポップスに適用しようとした野心的な作品。 世界屈指の人気スターになった BTSのリーダーが惚れ込むことも納得の、美しいメロディと緻密な演奏、前衛的なサウンドが堪能できる良作だ。

Producer
eAeon etc

Track List
1. Don't feat. RM
2. Bye Bye
3. I Just
4. Evermore
5. Let's Get Lost
6. Mad Tea Party feat. Swervy
7. Btfl Mind
8. I Wonder
9. Null feat. Jclef
10 Maybe




Bye Bye
Motmusic
2021-04-30