melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

Soul

Marilyn McCoo & Billy Davis Jr. - Blackbird: Lennon-McCartney Icons [2021 BMG]

60年代後半から70年代にかけて、一世を風靡した男女混成デュオ、5thディメンション。同グループの中心人物であり、人気が絶頂だった時期にメンバー同士で結婚したのが、ビリー・デイヴィス Jr.とマリリン・マックーの夫妻だ。

75年にグループを脱退した後は、夫婦デュオとして活動。76年には"You Don't Have to Be a Star (To Be in My Show)"が全米チャートを制覇すると、その後も立て続けにヒット曲を発表。ディスコ音楽の時代を象徴するデュオとして一世を風靡した。 また、音楽活動と並行してドラマや舞台にも進出。複数の分野で成功を収め、アフリカ系アメリカ人では珍しい、エンターテイナー夫婦として知られるようになった。そして、21世紀に入ってからも2人は精力的に活動。2008年には60年代、70年代のラブソングを歌ったカヴァー集『The Many Faces of Love』を出すなど、今も一線で活躍している。

13年ぶりの新作となるアルバムは、ビートルズの楽曲を歌ったカヴァー集。アメリカにおける人種差別と、それに対する抗議運動の流れ呼応したものになっている。そのため、アルバムのジャケットには警官などの暴力で命を落とした人々の名前が並べられ、タイトルには公民権運動に触発されて作られたビートルズの名曲"Blackbird"を用いるなど、アルバムを通して明確なテーマが打ち出されている。

だが、社会に対するメッセージを強く打ち出した作品にも関わらず、堅苦しさは微塵も感じない。むしろ、ジョンとポールが手がけた有名な曲を、大胆な解釈でソウル・ミュージックに組み替えた2人の姿が印象的だ。

ストリングスを贅沢に使って、スピナーズを彷彿させる優雅なディスコ音楽に仕立て直した"Yesterday"や、重厚なコーラス隊をバックに並べて、本格的なゴスペル作品として生まれ変わらせた"Blackbird"や"Help!"、アース,ウィンド&ファイアもカヴァーした楽曲を、シンセサイザーを多用したアレンジで90年代後期のR&Bっぽくスタイリッシュに仕上げた"Got to Get You into My Life"など、 さまざまなR&Bのスタイルを取り入れて、ビートルズの楽曲に新しい息吹を吹き込んでいる。社会に強いメッセージを投げかけつつ、あくまでもエンターテイメント作品として聴かせようとしているのが印象的だ。

ヒップホップ・グループのブギー・ダウン・プロダクションは、ラップを通して人々にメッセージを伝えるヒップホップを「エデュテイメント(Edutament = Education +  Entertainment)」と表現したが、2人の音楽も娯楽を通して人々にメッセージを投げかけている。メッセージ性を保ちつつ、聴き手を楽しませることを忘れない2人の姿勢が心に残る。

Track List
1. Got To Get You Into My Life feat. Yancyy
2. The Fool On The Hill feat. Natalie Hanna Mendoza
3. Blackbird
4. Yesterday
5. Ticket To Ride
6. The Long and Winding Road
7. Silly Love Songs
8. Help!
9. (Just Like) Starting Over feat. James Gadson
10. And I Love Her  

 


BLACKBIRD: LENNON-MCCARTNEY ICONS
MARILYN MCCOO & BILLY DAVIS JR.
ADA/BMG Rights Management
2021-05-07

 

City Champs - Luna ’68 [2021 Big Legal Mess Records]

かつてはスタックスやゴールドワックスといった、ソウル・ミュージックの名門レーベルが拠点を構え、近年はジャスティン・ティンバーレイクやヨー・ガッディといった、ヒップホップR&Bアーティストの出身地としても注目を集めているメンフィス。同地を拠点に活動するソウル・バンドが、シティ・チャンプスだ。

オルガン、ギター、ドラムの3人にサポートのベースを加えた4人という編成は、偶然にも同郷の名バンド、ブッカー・T&The M.G.sと同じ。しかし、両者が決定的に違うのは演奏スタイル。息の合った演奏で、グループの一体感を大切にするM.G.sに対し、各人のテクニックを思いっきり強調するのがシティ・チャンプスのやり方なのだ。

ジミー・スミスのようにダイナミックなオルガン、デイヴィッド・ウォーカーを彷彿させる艶かしいギター、アート・ブレイキーを連想させる軽妙なドラムなど、三者が三様の持ち味を遺憾なく発揮した演奏は、始めから終わりまでクライマックス。また、これだけ各人の個性が強いバンドでありながら、一つの作品として完成している点も見逃せない。

個性豊かなタレントを送り出してきたメンフィスの歴史を踏襲する、ダイナミックな演奏が魅力の名グループだ。

Producer
Scott Bomar

Track List
1. Luna '68
2. Lockdown City
3. Mack Lean
4. A-Meld-A-Marcos
5. Hanzo
6. Skinny Mic
7. Freddie King for Now
8. Thinking of You
9. Voyage to Vega (For Felix)




Luna '68
The City Champs
Big Legal Mess
2021-03-19


MonoNeon - Supermane [2021 Mononeon]

ブーツィー・コリンズやサンダーキャットなど、個性的な人が多い音楽の世界でも、特にユニークな人が多いベーシスト。その中でも、今、特に強烈なキャラクターで注目を集めているのが、モノネオンことドウェイン・トーマスJr.だ。

黒人音楽の聖地、メンフィスに生まれ育った彼は、ジョン・ケージやアルバート・アイラーのような抽象性の高い現代音楽と、メイヴィス・ステイプルズのような泥臭い南部のソウル・ミュージックを融合させるという、ユニークな作風で話題のクリエイター。

今回の作品では、ディム・ファンクのような太いベース音が印象的なディスコ曲や、古いリズムマシンの軽い音色を効果的に使った軽妙なスロー・ナンバー、ゲストの女性ヴォーカルの力強い歌声が、60年代のステイプル・シンガーズを彷彿させる、ドロドロとしたソウルや、演奏者の指捌きが耳に伝わってくる繊細なポップスのバラードなど、色々なスタイルの楽曲を披露している。

しかも、本作で彼は、煌びやかなシンセサイザーの音と、泥臭い南部のソウル・ミュージックのヴォーカルを組み合わせるなど、周囲の予想を裏切る意外な組み合わせで、リスナーの度肝を抜いている。この、一歩間違えたら、イロモノで終わりかねない大胆なアレンジに挑戦しつつ、一つの作品に落とし込むコーディネート能力こそ、彼の強みであり、魅力なのだろう。

蛍光色を取り入れたファッションや、ベースヘッドにつけた靴下という、個性的なビジュアル以上に強烈な音楽と、ユニークなファッションですら周囲から納得されるように、色々なサウンドを一つの作品にとして纏め上げる構成力が光っている。

Producer
MonoNeon

Track List
1. Just Gettin' High, Just Gettin' By
2. Invisible
3. We Somebody Y'all
4. Grandma's House feat. Mr. Talkbox
5. The Crop feat. Wax
6. Done with the B-S feat. Ledisi
7. Fartin' All Ova the World
8. Supermane feat. Kirk Whalum




Supermane [Explicit]
Mononeon
2021-03-18

記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ