melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

アメリカ

El Michels Affair - Yeti Season [2021 Big Crown]

リー・フィールズなどの作品をリリースし、ソウルファンク業界を牽引しているビッグ・クラウン

同レーベルの中心的人物であり、自身もダップ・トーンズなどで、腕を奮ってきたのが、マルチ・アーティストのレオン・ミッチェルだ。

彼が率いるエル・ミッシェル・アフェアは、ウータン・クランのレイクウォンのツアーを支えてきた面々と組んだバンド。そんなこともあり、結成当初からヒップホップのカラーを強く打ち出したファンクを披露してきた。

2017年以来となる新作では「架空の映画のサウンドトラック」というコンセプトを打ち出し、2000年代以降のアメリカのファンクを土台に、トルコのファンクや中東の伝統音楽など、色々な音楽の要素を混ぜ合わせたものを聴かせてくれる。

本作では、彼らの作品には珍しく、多くのヴォーカル曲が収められている。ヒンディー系シンガーのピヤ・マリックが参加した曲がそれで、彼女の歌声がバンドの音に異国の情緒を吹き込んでいる。また、過去の作品にも関わってるザ・シャツクスも本格的なヴォーカル曲に挑戦。これまでの作品とは一味違う作風の楽曲もきちんと乗りこなしている。

中東の音楽を取り入れたファンクというと、マッドリブの「Beat Konducta」シリーズや、イーゴン率いるナウ・アゲインの諸作品が頭をよぎる。両者の音楽と比べると、ビートは緻密でグルーヴは安定し、楽曲全体の雰囲気も洗練されている。

多くの名アーティストを脇から支えてきた職人の能力が遺憾なく発揮された、面白い企画作品。ファンク好きはもちろん、中東やアジアの音楽が好きな人には見逃せない内容だ。

Track List
1. Unathi
2. Sha Na Na
3. Ala Vida
4. Fazed Out
5. Murkit Gem
6. Lesson Learned
7. Dhuaan
8.Perfect Harmony
9.Silver Lining
10. Zaharila
11. Last Blast
12. Idhar Udhar (Bonus Track)
13. Messy Grass (Bonus Track)
14. Unathi(inst) (Bonus Track)
15. Dhuaan (inst) (Bonus Track)
16. Murkit Gem (inst) (Bonus Track)
17. Zaharila (inst) (Bonus Track)

Producer
Leon Michels




Yeti Season [Analog]
El Michels Affair
Big Crown
2021-03-26



Jhené Aiko - Chilombo [2020 ARTium, Def Jam, Universal]

短時間に多くの曲を制作できるヒップホップに押され、苦しい立場に置かれているアメリカのR&B。そんな状況でも、積極的に新しい音を取り入れて、新曲を発表し続けているのがミラJとジェネイ・アイコの姉妹だ。

昨年、姉のミラJは12カ月間連続のアルバムリリースという離れ業を行って話題になったが、その一方で、妹のジェネイ・アイコも着実に新曲をリリースしてきた。

このアルバムは、彼女にとって2017年の『Trip』以来となる、約3年ぶりのスタジオ・アルバム。これまでの作品同様、カニエ・ウエストやコモンなどを手掛けてきたシカゴ出身の名プロデューサー、ノーI.D.が経営するデフ・ジャム傘下のアーティアムからリリースされた本作。しかし、彼やベニー・ブランコ、カシミア・キャットやフランク・デュークスのような有名プロデューサーが多数参加した前作から一転、本作はフィッシカッツやミカ・パウエルといった、彼女に近しいクリエイターが楽曲を手がけた、彼女の個性にフォーカスを当てた作品になっている。

アルバムの実質的な1曲目は、本作に先駆けてリリースされた“Triggered(Freestyle)”。音数を極限まで絞ったビートに、しっとりとした上物を被せたロマンティックなトラックが印象的な曲。「フリースタイル」と銘打たれている通り、メロディは荒削りだが、優れた嗅覚とセンス、豊富な語彙から生まれた歌はよく練り込まれた作品にも見劣りしないものだ。

続く"None of Your Concern"は、2007年にカニエ・ウエストのレーベルからデビューした、彼女と同じ西海岸のカリフォルニア州出身のラッパー、ビッグ・ショーンが客演したスロー・ナンバー。今にも泣き崩れそうな勢いで物悲しいメロディを歌いこむアイコと、淡々と言葉を紡ぐラップで彼女を支えるショーンのコンビネーションが光る良曲だ。

また、"P*$$Y Fairy (OTW)"は、重厚な低音を強調したビートと、アルトに近い音域をじっくりと歌う彼女の姿が魅力のスロー・ナンバー。SWV“Used Your Heart”のような、落ち着いた雰囲気のメロディとアレンジが心を揺さぶる。シンプルな構成のメロディとトラックは、ディアンジェロの“Untitled”にも似ている。彼女のキャリアを代表する名バラードだと思う。

そして、アトランタ出身の人気ラッパー、フューチャーと、ロスアンジェルス出身のR&Bシンガー、ミゲルを招いた“Happiness Over Everything (H.O.E.)”は、様々な音色を使って3人の個性を引き立てたトラックが心地よいミディアム・ナンバー。もっさりとした声で軽妙なフロウを聞かせるフューチャー、アッシャーのように爽やかな声でメロディを歌うミゲル、アリーヤを彷彿させる透き通った声と、繊細だけど芯の強い歌唱が印象的なアイコの個性が上手く混ざり合った魅力的な曲だ。

今回のアルバムは、彼女の個性にスポットを当て、それを最大限に引き出すことに注力したものだ。過去の2作品で見せた繊細だけどしなやかなヴォーカルを活かすため、トラックメイカーを絞り、彼女の個性を引き出すことに重きを置いたシンプルなトラックと、繊細な歌声を活かすメロディ。彼女の良さを引き出すために作られた楽曲の存在が、本作の良さに繋がっていると思う。

アーティストの良さを巧みに引き出すプロデューサーと、楽曲の魅力を最大限に引き出すシンガーのコラボレーションが生み出した、稀有な作品。R&Bにとって冬の時代と言われることもあるが、そんな苦境を感じさせない力作だ。

Producer
Jhené Aiko,Fisticuffs, Lejkeys, Micah Powell

Track List
1 .Lotus
2. Triggered (Freestyle)
3. None Of Your Concern feat.Big Sean
4. Speak
5. B.S. feat. H.E.R.
6. P*$$Y Fairy (OTW)
7. Happiness Over Everything (H.O.E) feat.Future, Miguel
8. One Way St. feat. Ab-Soul
9. Define Me (Interlude)
10. Surrender feat.Dr. Chill
11. Tryna Smoke
12. Born Tired
13. LOVE
14. 10k hours feat. Nas
15. Summer 2020 (Interlude)
16. Mourning Doves
17. Pray For You
18. Lightning & Thunder feat.John Legend
19. Magic Hour
20. Party For me (Outro)





Chilombo
Jhené Aiko
Def Jam
2020-03-13

Gil Scott-Heron & Makaya McCraven - We’re New Again: A Reimagining by Makaya Mccraven [2020 XL Recordings]

1970年に初のスタジオ・アルバム『Small Talk At 125th & Lenox』を発表すると、ユニークな言語感覚を活かした鋭いリリックと、盟友ブライアン・ジャクソンをはじめとする名うてのミュージシャン達が生み出すダイナミックなサウンドで、ポエトリー・リーディングの可能性を大きく広げた、ギル・スコット-ヘロンことギルバート・スコット-ヘロン。

彼はXLレコーズに所属する電子音楽のクリエイター、リチャード・ラッセルと共作した『I’m New Here』を発表した翌年、2011年に62年の生涯を閉じるまで、15枚のスタジオ・アルバムと多くの楽曲を残してきた。また、その音楽はポエトリー・リーディングの作品としてはもちろん、良質の演奏が堪能できるジャズやファンクの傑作として、そして言語を音楽として楽しむヒップホップの元祖として、多くの音楽好きを魅了してきた。

本作は、2010年にリリースされた『I’m New Here』のヴォーカルを再編集し、シカゴ出身の気鋭のジャズ・ドラマー、マカヤ・マクレイヴンが率いるバンド・メンバーの演奏と組み合わせたリメイク作品。同じような企画は英国の電子音楽作家、ジェイミーXXがビートを再構築した2011年の『We're New Here』でも行われていたが、こちらはシンセサイザーを多用したエレクトロ・ミュージック作品だったこともあり、生演奏による再構成は初となる。

収録曲に目を向けると、実質的なタイトル・トラックに当たる”I’m New Here”は、2016年に『Wax & Wane』の日本盤CDがリリースされたことでも話題になったフィラデルフィア出身のハープ奏者、ブランディー・ヤンガーの艶めかしい演奏が印象的なミディアム・ナンバー。ダイナミックなグルーヴを叩き出すマカヤと、色っぽいギターやベースの伴奏、甘い歌声のように響くギルの声の組み合わせが心地よい作品だ。

これに対し、”Where Did the Night Go”は、60年代後期のオーネット・コールマンやアルバート・アイラーの作品を彷彿させる音と音の隙間を効果的に使った抽象度の高いアレンジが光る作品。生演奏のような豊かで温かい音色の伴奏だが、これは全部シンセサイザーで制作された打ち込み音楽。シンセサイザーの進化と、それを巧みに使いこなすマカヤ達の制作スキルが聴きどころだ。

それ以外の曲では、ブルック・ベントンが制作したボビー・ブランドの1959年のヒット曲”I’ll Take Care of You”のカヴァーも見逃せない。『I’m New Here』ではギターとピアノの音色をバックに訥々と歌った作品だったが、本作では、ブランディー・ヤンガーのハープやマカヤが打ち込んだシンセ・ベースを組み合わせたバンド・サウンドになっている。豪華な演奏の影響からか、ギルの声も殺伐としたブルースというよりはイナたいソウル・ミュージックのように聴こえるから面白い。演奏がヴォーカルの印象を大きく変えることを再認識できる良曲だ。

今回のアルバムは、ブライアン・ジャクソンと共作していた時代の作品のように、ジャズやソウルのエッセンスをふんだんに盛り込んでいながら、過去の作品の焼き直しに終わらない新鮮さがある。それはおそらく、このアルバムのヴォーカル・トラックが生演奏を前提に作られたものではないので、他の作品とは大きく異なるアレンジが施されているからだと思う。

偉大な先人の遺作を、鋭い感性と高い演奏スキルで新しい音楽に生まれ変わらせた名作。AIにはない豊かな想像力と大胆な発想を持つ人間だからこそ生み出せる音楽だろう。必聴。

Producer
Makaya McCraven

Track List
1. Special Tribute (Broken Home pt.1)
2. I'm New Here
3. Running
4. Blessed Parents
5. New York is Killing Me
6. The Patch (Broken Home pt.2)
7. People of the Light
8. Being Blessed
9. Where Did the Night Go
10. Lily Scott (Broken Home pt.3)
11. I'll Take Care of You
12. I've Been Me
13. This Can't Be Real
14. Piano Player
15. The Crutch
16. Guided (Broken Home pt.4)
17. Certain Bad Things
18. Me and the Devil




記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ