melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

女性シンガー・ラッパー

Maeta - Habits [2021 Roc Nation]

ヒップホップ界の帝王、ジェイZが創設し、リアーナ、ヴィック・メンサ、ジェダキスといった大物タレントを抱えるロック・ネイション

近年は、ジャマイカを代表するレゲエ・シンガーのブジュ・バントンや、AOMGとH1GHRミュージック、2つのレーベルを率いてアジアとアメリカのヒップホップ・シーンの橋渡しをしているジェイ・パクを引き込み、ポップ・ミュージックの一大帝国として確固たる地位を築いている。

ここに新たに加わったのが、若干20歳(本稿執筆時点)のR&Bシンガー、マエタだ。 インディアナポリス出身の彼女は、10代の頃から豊かな感受性と鋭い嗅覚が光る楽曲を次々と発表し、多くの人から注目を集めてきた。

今回のEPでは、アルバムに先駆けて発表された"Teen Scene"でケイトラナダとバディを起用し、それ以外の曲でも、テディ・ワトソンやDJマスタードといったヒットメーカーがプロデュースを担当。時代の最先端をひた走る楽曲と、現代のトレンドを押さえた楽曲をバランスよく並べている。 

また、彼女の歌もドレイクのようなラップと歌が融合したタイプのものから、エリカ・バドゥのように独特の節回しで歌うもの、レーベルの大先輩、リアーナにも似たじっくりと歌い込むものまで、曲調に応じて様々なスタイルを使い分けている。

ただ、彼女の声質自体はジェネイ・アイコのような可愛らしいソプラノ・ヴォイスのため、どんな曲でもポップに聴こえる。この斬新さと親しみやすさの絶妙なバランスが、彼女の音楽の特徴であり面白さなのだ。

新しい音を積極的に取り入れ、独自の世界観を表現しつつ、あくまでもポップスとして聴かせている。アーティストとして必要な能力と、ポップスターに求められる資質を兼ね備えた逸材だ。

Producer
Kaytranada, DJ Mustard, Teddy Watson etc

Track List
1. Teen Scene feat. Buddy
2. Toxic feat. Beam
3. Habits
4. Bitch Don't Be Mad
5. Sending My Love
6. Gift
7. Doesn't Mean A Thing feat. Leven Cari




Habits [Explicit]
Roc Nation Records LLC
2021-04-30

 

Marilyn McCoo & Billy Davis Jr. - Blackbird: Lennon-McCartney Icons [2021 BMG]

60年代後半から70年代にかけて、一世を風靡した男女混成デュオ、5thディメンション。同グループの中心人物であり、人気が絶頂だった時期にメンバー同士で結婚したのが、ビリー・デイヴィス Jr.とマリリン・マックーの夫妻だ。

75年にグループを脱退した後は、夫婦デュオとして活動。76年には"You Don't Have to Be a Star (To Be in My Show)"が全米チャートを制覇すると、その後も立て続けにヒット曲を発表。ディスコ音楽の時代を象徴するデュオとして一世を風靡した。 また、音楽活動と並行してドラマや舞台にも進出。複数の分野で成功を収め、アフリカ系アメリカ人では珍しい、エンターテイナー夫婦として知られるようになった。そして、21世紀に入ってからも2人は精力的に活動。2008年には60年代、70年代のラブソングを歌ったカヴァー集『The Many Faces of Love』を出すなど、今も一線で活躍している。

13年ぶりの新作となるアルバムは、ビートルズの楽曲を歌ったカヴァー集。アメリカにおける人種差別と、それに対する抗議運動の流れ呼応したものになっている。そのため、アルバムのジャケットには警官などの暴力で命を落とした人々の名前が並べられ、タイトルには公民権運動に触発されて作られたビートルズの名曲"Blackbird"を用いるなど、アルバムを通して明確なテーマが打ち出されている。

だが、社会に対するメッセージを強く打ち出した作品にも関わらず、堅苦しさは微塵も感じない。むしろ、ジョンとポールが手がけた有名な曲を、大胆な解釈でソウル・ミュージックに組み替えた2人の姿が印象的だ。

ストリングスを贅沢に使って、スピナーズを彷彿させる優雅なディスコ音楽に仕立て直した"Yesterday"や、重厚なコーラス隊をバックに並べて、本格的なゴスペル作品として生まれ変わらせた"Blackbird"や"Help!"、アース,ウィンド&ファイアもカヴァーした楽曲を、シンセサイザーを多用したアレンジで90年代後期のR&Bっぽくスタイリッシュに仕上げた"Got to Get You into My Life"など、 さまざまなR&Bのスタイルを取り入れて、ビートルズの楽曲に新しい息吹を吹き込んでいる。社会に強いメッセージを投げかけつつ、あくまでもエンターテイメント作品として聴かせようとしているのが印象的だ。

ヒップホップ・グループのブギー・ダウン・プロダクションは、ラップを通して人々にメッセージを伝えるヒップホップを「エデュテイメント(Edutament = Education +  Entertainment)」と表現したが、2人の音楽も娯楽を通して人々にメッセージを投げかけている。メッセージ性を保ちつつ、聴き手を楽しませることを忘れない2人の姿勢が心に残る。

Track List
1. Got To Get You Into My Life feat. Yancyy
2. The Fool On The Hill feat. Natalie Hanna Mendoza
3. Blackbird
4. Yesterday
5. Ticket To Ride
6. The Long and Winding Road
7. Silly Love Songs
8. Help!
9. (Just Like) Starting Over feat. James Gadson
10. And I Love Her  

 


BLACKBIRD: LENNON-MCCARTNEY ICONS
MARILYN MCCOO & BILLY DAVIS JR.
ADA/BMG Rights Management
2021-05-07

 

Merry Clayton - Beautiful Scars [2021 Motown Gospel]

メリー・クレイトンの名前を知らなくても、映画「バックコーラスの歌姫達」に出演した、ローリング・ストーンズのバックコーラスの女性といえば思い出すかもしれない。

レイ・チャールズのバック・コーラスであるレイレッツの一員だった彼女は、同グループから発展したシスターズ・ラヴとしても多くの傑作を残している。特に、シスターズ・ラヴ時代の楽曲は、そのレアリティと内容の良さから、多くのファンが追い求めていることでも知られており、インターネットが発達し、再版市場が成熟した今も、幻の名作と評されている。

また、グループを離れた後も、ローリング・ストーンズやキャロル・キングなどバックコーラスを務め、ローリング・ストーンズの“Gimme Shelter”で見せた彼女のパフォーマンスは、主役のミック・ジャガーを喰ったと例えられる名演として知られている。

そんな彼女の27年ぶりとなる新作は、シスターズ・ラヴのアルバムを残したモータウン発のアルバム。本格的なゴスペル作品を目指したということもあり、アップテンポ、スローテンポの楽曲ともに、彼女のパワフルな歌声が堪能できる。

だが、それ以上に面白いのはオリジナル曲と一緒におさめられたカヴァー曲のラインナップだろう。レオン・ラッセルの"A Song For You"やファイブ・ステアステップスの"Ooh Child"のカヴァーでは、原曲の要素を残しつつ、本格的なゴスペルにアレンジする大技も見せている。ダイナミックな歌声と絶妙な匙加減のアレンジ、この二つが本作の聴きどころだと思う。

20世紀の音楽シーンに多くの伝説を残した名歌手の確かな実力を確認できる名盤。ゴスペルだからって敬遠してると損するよ。

Producer 
Leon Adler, Terry Young

Track List
1. A Song for You
2. Touch the Hem of His Garment
3. Beautiful Scars
4. Love Is a Mighty River
5. God's Love
6. Deliverance
7. Room at the Altar
8. He Made a Way
9. Oh What a Friend
10. Ooh Child Medley




Beautiful Scars
Merry Clayton
Motown
2021-04-09


記事検索
タグ絞り込み検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター


    にほんブログ村 音楽ブログへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
    にほんブログ村

    音楽ランキングへ

    ソウル・R&Bランキングへ
    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ