melOnの音楽四方山話

オーサーが日々聴いている色々な音楽を紹介していくブログ。本人の気力が続くまで続ける。

韓国

Yesung - Beautiful Night [2021 SM Entertainment]

平昌五輪の閉会式でのパフォーマンスが「オリンピックの歴史上、最もSNSで話題になった瞬間」という大記録を打ち立てたEXO、アジア人歌手としては史上2組目となる、全米アルバムチャート1位を記録したSuperM、現在は各メンバーのソロ活動が注目を集める少女時代など、多くのタレントを世に送り出してきた韓国SMエンターテイメント

同社に所属するスーパージュニアは、バラエティ番組での活躍や中南米へのツアーなど、 他のグループとは一味違う、ユニークな活動でも知られるベテラン・グループだ。同グループのメンバーであるイェサンは、「芸術的な声」という意味の芸名を持ち、韓国音楽界でも卓越した美しい声で知られている。

そんな彼は、グループがデビューすると間もなくソロ曲を発表。その後も2021年までに3枚のEPと1枚のスタジオ・アルバム、多くのシングルを世に出している。

今回発表された3年ぶりの新作EPは、意外にもシティ・ポップ路線の作品。アルバムのオープニングを飾る“Beautiful Night”は、煌びやかなシンセサイザーと艶かしいギターやサックスの組み合わせが心地よいアップナンバーだ。続く“Phantom Pain”は、ディアンジェロのブラウンシュガーを彷彿させるシンプルなメロディと伴奏で、透き通ったヴォーカルの良さを余すことなく伝えている。 このほかにも、レトロなリズムボックスが鳴らす軽やかなビートと、甘酸っぱいメロディが心に残る“Fireworks”のような、モダンな音色を上手に使ったR&Bが目立っている。

この説明だけを読むと、本作は近年、アジア各地で流行している日本の80年代のポップスをなぞったアルバムのように感じる人もいるだろう。だが、本作からはそういう雰囲気が微塵も感じられない。それは、随所に当時の音楽の要素を入れながら、それと一緒に現代的な表現を盛り込んでいるからだろう。

それを象徴するのが、柔らかい音色のギターをバックに歌う”Like Us“だ。この曲ではふくよかな楽器の音色をバックに、韓国のドラマや映画で耳にすることが多い、歌手の表現力を引き出す美しいメロディを聴かせている。この、80年代の日本のポップスから楽器の音色やメロディを参考にしながら、あくまでも現代の韓国のポップスとして聴けるように作っているところが、本作の特著なのだ。

「芸術的な声」という呼び名の彼にしか作れない。美しいメロディと豊かな表現力が印象的な作品。「ヒップホップが強い国」という韓国のイメージを良い意味で壊してくれる。


Producer
Lee Soo Man etc

Track List
1. Beautiful Night
2. Phantom Pain
3. Corazon Perdido (Lost Heart)
4. Fireworks
5. No More Love
6. Like Us
7. A Letter in the Wind








Eaeon - Fragile [2021 Mot Music]

レディオヘッドを彷彿させる幻想的なサウンドで、インディ発ながら多くの好事家を引きつけてきた韓国の2人組バンドMOT。

グループが2012年に活動を休止したあとも、ヴォーカルeAeon(イ・イオン)は個人として活動を続け、2018年にはBTSのRMのソロ・アルバム『mono.』に収録された"badbye"でコラボレーション。「韓国のジェイムス・ブレイク」と例えられる神秘的な演奏で、世界屈指のスターの作品に強いインパクトを残した。

約10年ぶりとなる新作の目玉は、"badbye"での客演のお礼とばかりに、RMが参加した"Don't"だ。シンセサイザーとギターやベースを組み合わせた重厚な伴奏をバックに、感情を吐き出すイ・イオンと、優しく語りかけるRMのラップの対比が光る。"badbye"が好きな人は是非聴いてほしい佳曲だ。

それ以外の曲も、ピアノを使った弾き語りにシンセサイザーで彩りを添えた"Bye Bye"や、電子楽器の音色の上で言葉を紡ぐ"Maybe"、コンピュータが作り出す幻想的な音をバックに朗々と歌う"Btfl Mind"など、新しい機材を使って、イ・イオンが生み出す繊細なメロディとみずみずしいヴォーカルを盛り上げる曲が多い。

欧州で盛んなフォークとエレクトロニカ、ソウルとエレクトロニカを融合させるスタイルを、韓国のポップスに適用しようとした野心的な作品。 世界屈指の人気スターになった BTSのリーダーが惚れ込むことも納得の、美しいメロディと緻密な演奏、前衛的なサウンドが堪能できる良作だ。

Producer
eAeon etc

Track List
1. Don't feat. RM
2. Bye Bye
3. I Just
4. Evermore
5. Let's Get Lost
6. Mad Tea Party feat. Swervy
7. Btfl Mind
8. I Wonder
9. Null feat. Jclef
10 Maybe




Bye Bye
Motmusic
2021-04-30


ITZY - Guess Who [2021 JYP Entertainment]

オーナーであるJ.Y.パクを筆頭に、個性豊かなタレントを擁する、韓国の3大芸能事務所の一つ、JYPエンターテイメント

その人材の豊富さは、現在はAOMGとH1GHR Musicを率いて、韓国とアメリカの音楽シーンの橋渡しをしているジェイ・パクを世に出した2PM、中国を代表するヒップホップ・アーティストとして、世界を舞台に活動するジャクソン・ワンが所属するGot7、デビュー数ヶ月で多くの記録を打ち立てた、メンバー全員が日本出身のNiziUといった、出身者の顔ぶれを見てもわかるだろう。

同事務所からデビューしたITZY(イッジ)は、韓国出身の女性5人組。全員が2000年以降に生まれた若いグループながら、全員が3〜5年の研修生期間を経験した実力派だ。

2019年にEP『IT'z Different』でデビューすると、キュートな歌声と安定したパフォーマンスで台頭。翌年にはレゲトンやトラップの要素を取り入れた"Not Shy"が複数の国でヒット。人気グループの仲間入りを果たした。

前作から約8ヶ月という短い間隔でリリースされた本作は、本格的な海外進出を意識したのか、"Not Shy"の路線を踏襲、深化した曲が目立つ。

アルバムに先駆けて公開されたシングル曲"In the Morning"は、ブラックピンクの"Ddu-du Ddu-du"を彷彿させる、トラップ・ビートを使ったミディアム・ナンバー。J.Y.パクが作者に名を連ねた曲が、最先端のサウンドを取り入れている点は興味深い。

他にも、マディ・ウォーターズを思い起こさせる荒々しいギターと、90年代のティンバランド作品っぽいチキチキ・ビートを組み合わせた "Sorry Not Sorry"、イギリスのプロデューサーを起用して、バチャータやマンボを取り入れた"Shoot!"など、ヒップホップやラテン音楽のような、アメリカで人気のあるサウンドが光っているのが本作の特徴だ。

ここにきて大きく路線を変えられたのは、彼女達の高い実力によるところもあるが、グループのスタイルによるところも大きい。

ガールズ・グループにはスパイスガールズやTLCのように、各メンバーの個性を強く打ち出すものと、リトル・ミックスやフィフス・ハーモニーのように、メンバー全員でグループの個性を表現するものがある。彼女達の場合は、5人でグループの個性を確立する典型的な後者なのだ。5人が一体となって、互いの強みを活かし、弱みを補いながらグループの個性を発揮するスタイルのおかげで、音楽性の変化にも柔軟に対応している。これができるのも、厳しい研修生生活で身につけた高い技術と、タレントの個性と人格を大切にするJYPの文化で育ったからだろう。

彼女達の音楽からは、芸能事務所がタレントを育て、グループを作って送り出すアジアの手法の強みを再確認できる。チーム故に柔軟に変化できる彼女達と、それを支えるスタッフの実力が遺憾無く発揮された良作だ。

Producer
J.Y.Park, LYRE, 
  • earattack, 
  • KASS, 
  • Lee Hae-sol etc


  • Track List
    1. .In the morning

    2. Sorry not sorry

    3. Kidding me

    4. Wild wild west

    5. Shoot!

    6. Tennis (0:0)





     
    記事検索
    タグ絞り込み検索
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスカウンター


      にほんブログ村 音楽ブログへ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへ
      にほんブログ村

      音楽ランキングへ

      ソウル・R&Bランキングへ
      読者登録
      LINE読者登録QRコード
      メッセージ

      名前
      メール
      本文
      • ライブドアブログ